気になる年収

看護婦になりたい

病院勤務の年収の傾向

看護師資格を取得して仕事をするという道を選んだ際に、最も典型的なものは病院からの求人に応募して就職するというものです。看護師資格を活用できる良い手段であると共に、看護師がなれる職種の中でも最も年収が高いことが期待されることから人気があります。 その典型的な年収としては勤務を始めて数年で400万円から500万円程度というのが一般的になっています。こういった幅は勤務先になる病院の規模や地域によって大きく変わります。求人情報を比較すると、一般的には大病院であり大都市にある方が年収が高くなる傾向が見て取れます。また、より高度な知識が将来的に要求される高度先端医療を行っている病院においてやや高年収の求人がある傾向が見られます。

生活面の改善傾向と年収の傾向

近年の看護師の年収の傾向として、募集情報から見られる年収についてはそれほど大きな違いが見られなくなってきています。しかし、実際に様々な手当を含めて手に入る給料額となると、漸減する傾向が生まれてきてしまっています。これは、休日勤務や残業、夜勤等が軽減される傾向が強まってきているからであり、それによって諸手当が少なくなってきているからです。 以前は実際には求人に記載されている月額の支給額の目安よりもかなり大きな収入を得られることも多かったものの、最近ではそれが期待できなくなってきています。しかし、労働条件が緩和されたことによって生活にゆとりが生じてきていることであり、看護師にとって生活面におけるメリットが大きくなってきています。