需要の高さがカギ

内定

現在の看護師の需要に関して

現在、我が国は高齢化社会を迎えています。このまま2020年を迎えると人口の5人に1人が高齢者という状況が予測されています。 そんな中で医療業界に置ける看護師の需要はますます増加し、求人は増えてきています。 国の見通しでは看護師はまだまだ不足しているようで、どこの病院でも常に看護師を求人しています。 そのため看護学校はどんどん新設されているのですが、求人は一向にみたされる傾向はありません。 それはなぜかというと、看護師の仕事はやはりハードであること。 せっかく看護師免許を取っても結婚と同時にやめてしまう人もいる事。いわゆる潜在看護師の方々が沢山いるのです。 高齢化で看護師の需要や求人はますます増える。看護大学、看護学校が増えても、潜在看護師の数が増えるだけでは求人は満たされないのです。

多くの求人の中から自分にあった職場を選ぶ

そんな中から看護師となった新人さんはどのように職場、病院を選択すれば良いのでしょうか。 適した職場というのは人それぞれ違います。 給料や場所など。貴方が何を望んでいるのか。どういう職場を希望しているのかをしっかり考え自分にあった病院を選びましょう。 ほとんどの病院では年間を通して採用活動を行っています。 中には早めに応募を締め切ってしまう病院もありますので、しっかりチェックしましょう。 学生時代の病院実習で実際の職場をみることができます。外からでは得られない生の情報が得られるので、あなたが重要視するポイントに注目して実習期間を過ごしましょう。 また、志望する病院の病院見学会やインターンシップにはできるだけ参加しましょう。その病院で働いている職員の様子を見て、自分の希望にあっているかを判断しましょう。